未経験者が介護職へ転職するためには
2016.12.20

subimg01転職の場合に、未経験者として転職する場合には、介護職の求人が多いので入社しやすいのですが、その場合未経験者なので仕事内容をよく理解することがコツになります。介護関係の職場は多岐にわたり、色々な仕事があります。それで、単に介護の福祉の仕事ということで、自分でイメージを持ってしまい、入社してからイメージとは違っていたということがよくあります。ですので、自分が何をしたいのか、何ができるのか、これからの長い人生で、プロになり続けていけるのかなどをよく吟味して、情報を集めて決めることが基本的なコツということになります。生活をしながらの高齢者の介護がメインになるとか、デイサービスの業務になるとか様々ですので、それらの基本的な知識も未経験者ではわからないことが多いので、事前に調べておく必要があります。

また、高齢者などの人が相手の仕事になりますので、コミュニケーションの能力も要求されます。安心を相手に与えるような能力があれば、仕事もスムーズに進めることができます。そして、インターネットなどでの情報収集も仕事を探すということなので重要になります。求人情報サイトやハローワークなどや、人脈や派遣会社など色々な情報源から情報を集めて、自分の条件に合った職場を絞り込んでいきます。なかには非公開で求人募集をしている企業もありますので、それらが利用できるサービスを提供している支援サイトなども探してみると良いかもしれません。そして、応募したい施設などがあれば、見学ができるかどうかも確認します。実際に見てみることができれば、入社した後のギャップも少なくできます。

職場を見学することができれば、スタッフの雰囲気もわかりますし、利用者の状況も理解できます。自分が何ができるかもわかりますし、色々質問をすることもできます。種類としては要介護の高齢者ばかりの介護保険施設や有料老人ホームなどの介護者ばかりではなく、一般の高齢者も入居している施設、そしてデイサービスなどの通いの高齢者をサポートしている施設などがあります。それぞれ必要なスキルは違いますが、介護の必要度が高いほど、仕事自体も体力やスキルなどが必要になってきます。多くの高齢者が生活をしている場合には、勤務も夜勤などが入る場合もありますので、体力も必要になる場合もあります。それらの情報をよく理解して、入社した職場で長く働くことができるように探すということが重要になってきます。

▲ ページトップへ