スマホケース

スマートフォンは現代社会には不可欠なアイテムです。以前は公衆電話が街に点在しており、外出先から固定電話への連絡が容易でしたが、最近では公衆電話がなくて、スマホを忘れた時などは、知り合いなどに電話を借りないと連絡できない不便さです。そんな大切なスマホを傷や衝撃から守るものがスマホケースです。一口にスマホケースと言っても、様々な種類があります。ハードタイプやソフトタイプ、手帳タイプなど、素材やデザインも色々あり、迷ってしまいます。動画などをよく見る人は、スマホから手を離しても画面が固定されるタイプがお勧めです。手で持っていてホールドしやすいタイプのスマホケースも使いやすく、手が疲れません。素材により注意して購入しなければいけないポイントが違います。スマホケースそれぞれの最大のメリットを考えながら購入しましょう。

手触りや耐久性で早め早めに買い買えたいスマホケース

一台のスマホに対して、ずっと同じスマホケースを使い続ける人はまれでしょう。使用していると、不意な落下や表面の傷などは避けることは難しく、小さな傷などは使い始めてすぐついてしまうことが多いものです。ハードタイプとソフトタイプの透明なスマホケースはよく見かけ、使用している人も多いスマホケースです。スマホ本体のカラーが見え、デザイン性が高いスマホを使用している人は、本体の色が見えるとうれしいものです。ソフトタイプは落下の際の衝撃吸収に優れていて、ケース自体にも傷はつきにくいのですが、使用すればするほど手触りが固くなり、透明タイプは細かい傷でくすんできます。あまり高価なものではないケースをまめに取り換えると、本体もケースもきれいなまま気持ちよく使用できます。ハードタイプは落下させると角にひびが入ることがよくありますので、落下させた時にはチェックが必要です。

手帳タイプの汎用スマホケースは好みが分かれる

手帳タイプのスマホケースは、見た目がおしゃれで、画面が他人から見えにくく人気があるケースです。スマホ全体に傷がつきにくく、実用性も抜群なのですが、スマホの一つの型だけに対応してるものではなく、汎用スマホケースという粘着シートを使用したケースがあります。使用中はスマホが剥がれることなく、落下の心配がないのですが、はがした後にスマホ本体がべたついて、アルコールや除光液などで拭きとらないといけない時があります。拭き取る際にスマホ本体の塗装が心配なら、スマホの型に対応した手帳型を選んだ方が無難です。スマホケースのイラストなど、デザインが汎用スマホケースでしかないようなら、好みのデザイン優先で選びましょう。手帳タイプは磁石を使用しているタイプが多く、磁気でカード類が使えなくなるケースが少なくありません。磁気が影響しないカード類のみを挟むと心配することなく便利に利用できます。